スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WDW MGMスタジオを楽しむぞ!(5日目) 2004年10月旅行記

昨日の気持ち悪さも解消したので、今日はMGMスタジオで昨日の分も取り戻すくらい
目一杯遊ぶぞ~!

朝ごはんは毎度おなじみの、ホテル内のフードコートにて済ませました。
食事を終えて、MGMスタジオ行きのバス待ちの列に並びます。
人数的に座れないけど、何とか乗れそうな感じでした。
やっとバスがきてゲストの人達が乗り込もうとした時に、運転手の方が『しばらく待って』と
言っていました。運転手さんはバス内のイスをたたみ、車椅子(電動カート)が乗せれるように
準備をしていました。バスは車椅子が自動昇降出来るタイプのバスでした。
ふと列の外を見ると電動カートに乗ったおばあさんがいました。
『ああ、この人のために場所を作っているんだ』と思いました。
WDWはTDRに比べて格段に身障者に優しい場所なのです。
バスの準備が完了したので運転手さんの支持により、おばあさんがバスの方へと行きました。
バスの乗り場が降りて電動カートが乗せれるようになりました。
とその時、おばあさんは電動カートを降りて、スタコラと歩いてバスの前方の乗り場から
普通に階段を上がり、バスに乗り込みました。
思わずてくてくちゃんは“目がテン”になりました。
てくてくちゃんの前にいた家族の男の子2人が叫びました『She can walk!!』
それと同時にもう一台、連れのおじいさんの電動カートがバスに乗せられていました。
そしておじいさんも普通に歩いてバスに乗り込みました。
それに続き、連れの家族が乗り込みます。総勢15人程。
またしても男の子達は叫びました『Oh my God!!』
結局そのバスにはおばあさん達一家と、5家族程を乗せて行ってしまいました。
さすがはWDWだ。TDRだったら他のゲストからクレームがきそうだな(^_^;)
そしてまた待つこと10分弱。次のバスがやってきました。
ほとんどの人が乗ることができ、MGMスタジオへと向かいました。

開園から時間がたったMGMスタジオのゲート付近は、とても空いていました。
WDW MGMスタジオのガイドマップ 2004年
でも中に入ると人がたくさんいました。

とりあえずアトラクションに乗ろうと「ロックンローラー・コースター」へ行きました。
WDW MGM ロックンローラー・コースター 2004年  WDW MGM ロックンローラー・コースター2 2004年
人気のアトラクションなだけあり、待ち時間は1時間近くありました。
そんなに待つのはイヤなので、ファストパスを取りました。
待ち時間はお土産探しです。てくてくちゃんは「キーストーン・クロージアーズ」と言う
お店へ行きたかったので、とことこくんを連れて行きました。
ここにはミッキーの形をしたピアスなどがあります。
もちろん本物のジュエリーですので、お値段が結構高いんです(>_<。)
以前に東京ディズニーランドでカラーストーンを使用したミッキーのピアスを
思いきって買ったんですが、それでも値段は25,000円ほどしました。
でもここにある欲しいピアスは、ルビーを使用しているために約50,000円程もします。
とても買えません。と言うか絶対無理!
今回も眺めるだけ眺めてお店を後にしました。
他にも「レジェンド・オブ・ハリウッド」でプーさんグッズを見たり、
「プラネット・ハリウッド・スーパーストア」でスターグッズなどを見て過ごしました。
ファストパスの時間が来たので「ロックンローラー・コースター」へと戻り、
ファストパスの列に並びました。
順番が来てコースターに乗り込みます。そしてエアロ・スミスの大音量と共にスタートです。
急カーブやループがあり、とても楽しいアトラクションです。

次はやっぱり「トワイライトゾーン・タワー・オブ・テラー」に乗らなきゃね。
WDW MGM トワイライトゾーン・タワー・オブ・テラー 2004年
早速行くと、待ち時間が30分となっていました。
歩くのに疲れたのでそのまま列に並ぶことにしました。
外の列も木陰の下で風が通り抜けて、とても気持ちが良かったです。
建物の中は寒いくらいに涼しかったです。
いよいよ順番がきました。一つのイスに4人が座ります。
てくてくちゃん達はアメリカ人の父娘と一緒でした。そのお父さんがまた、
とことこくん以上のおなかまわりがあります。アメリカ人体型だなと笑っていられたのは
安全バーが下ろされるまでのことでした。
今はどうなっているかわかりませんが、当時の安全バーは東京ディズニーシーにあるような
個人別の安全バーではなく、4人で1つの安全バーでした。
イスに座った順番は中央よりから娘さん、お父さん、てくてくちゃん、とことこくんでした。
こうなると安全バーは、お父さんのお腹にあたった時点で固定されてしまいます。
当然娘さんと、てくてくちゃんは安全バーの間に10センチ以上の隙間が出来ます。
これでは落下時に外へと飛び出してしまいそうです( ̄Д ̄;)
娘さんもお父さんにそのことを話していました。
でも無常にもアトラクションは始まってしまいました。
ホテルの歴史、怖さなどを説明されて上へと登っていきます。
そして正面の窓が開き、落下の始まりです。
今回のてくてくちゃんは楽しむよりも怖さで一杯です。
安全バーを上下から握り、体を安定させます。
それでも落下時にはお尻が浮いて外へ飛び出しそうです。思わず叫びそうになります。
娘さんはず~っと『No!No!』『Oh my God!!』と叫んでいました。
その気持ち、てくてくちゃんには痛いほどよくわかるよ(≧ω≦*)
何度か落下と上昇を繰り返し、何とか無事に終わりました。
娘さんは終わってからもずっと『お父さんのせいでとても怖かった』と訴えていました。
思わずてくてくちゃんも『本当だよ。ものすごく怖かったよ』と参加しそうになりましたが、
てくてくちゃんはとことこくんに
『あのお父さんととことこくんのせいで、あの子と私は本当に怖かったんだからね(`ヘ´)』
と言い続けました。

「ハリウッド・ブラウンダービー」の予約時間が近づいてきたので、お店の方へ歩いていくと、
何やら大きな音がなっています。
何だろうと思ったら「ディズニー・スター・アンド・モーターカー・パレード」が始まって
いるようでした。パレードを見なきゃと思いパレードルートへ向かいます。
「レジェンド・オブ・ハリウッド」横のパレードルートで何とか見ることが出来ました。
数多くのキャラクターがすてきな車に乗ってパレードしていきます。
こんな車が売ってたら買っちゃうかもというかわいい車もありました。
WDW MGM ディズニー・スター・アンド・モーターカー・パレード アリエル 2004年  WDW MGM ディズニー・スター・アンド・モーターカー・パレード アラジン 2004年  WDW MGM ディズニー・スター・アンド・モーターカー・パレード ジャファーとフロロー 2004年
WDW MGM ディズニー・スター・アンド・モーターカー・パレード ムーラン 2004年  WDW MGM ディズニー・スター・アンド・モーターカー・パレード メリーポピンズ 2004年  WDW MGM ディズニー・スター・アンド・モーターカー・パレード モンスターズインク 2004年
WDW MGM ディズニー・スター・アンド・モーターカー・パレード ヘラクレス 2004年  WDW MGM ディズニー・スター・アンド・モーターカー・パレード マペット 2004年  WDW MGM ディズニー・スター・アンド・モーターカー・パレード リロ&スティッチ 2004年
WDW MGM ディズニー・スター・アンド・モーターカー・パレード ミッキー&ミニー&グーフィー 2004年  WDW MGM ディズニー・スター・アンド・モーターカー・パレード プルート 2004年

パレードが終わると、ちょうど「ハリウッド・ブラウンダービー」の予約時間でした。
道を挟んですぐ前がお店だったのでちょうど良かったです。
予約時間は16:30です。ちょっと早めの夕食です。なぜなら「ファンタズミック!」の
入場時間を考慮してのことです。「ファンタズミック!」は19:30から開始です。
入場は120分前からの開始です。という事は17:30から入場開始です。
なるべく好きな席で見たいので、並ぶつもりなのです。
食事をゆっくり食べて約1時間使ったとしても、入場開始後すぐに並ぶことが出来るからです。
WDW MGM ブラウン・ダービー 2004年  WDW MGM ブラウン・ダービー横のトピアリー 2004年
お店の人に予約NO.が記入された“you ARE Confirmed”を渡すと『少しお待ち下さい』と言われ
順番がきたらピーと鳴るものを渡されました。
WDW MGM ブラウン・ダービー 案内待ち時に渡されたブザー 2004年  WDW MGM ブラウン・ダービー来客者サイン 2004年  WDW MGM ブラウン・ダービー 店内 2004年
待合室にはたくさんの人たちがいました。食事の前のトイレを済ませ、鳴るのを待っていました。
やがてピーと鳴り、席へと案内してもらいました。
薄暗い中たくさんの人たちが食事を楽しんでいました。
てくてくちゃんたちも料理を頼み、食事を楽しみました。でもやっぱり1皿の量が多いです。
てくてくちゃんは何とか食べきることが出来ました。
WDW MGM ブラウン・ダービー テーブル 2004年  WDW MGM ブラウン・ダービーの食事1 2004年
WDW MGM ブラウン・ダービーの食事2 2004年  WDW MGM ブラウン・ダービーの食事3 2004年
今度来る時は『Shareする』と言うことにしよう←次って?
会計を済ませます。2人分で69.72ドルでした。

さっそく「ファンタズミック!」の会場へ向かいます。
入場は始まっていましたが、好み通りの中央前方よりに座ることが出来ました。
始まるまでは東京ディズニーリゾートと同じように、光る小物などを売りに回ってきます。
だんだん人が集まってくるとウェーブが始まります。
待つ時間も結構楽しめます。
時間となり、いよいよ「ファンタズミック!」の始まりです(o^∇^o)ノ
水のスクリーンに映される映像はとてもきれいです。
ミッキーが登場し悪者たちをやっつけていきます。いろいろあり、フィナーレです。
WDW MGM ファンタズミック!の会場 2004年  WDW MGM ファンタズミック!のミッキー 20004年  WDW MGM ファンタズミック!のキャラクター船 2004年
やっぱりこれは見なきゃ損だね。

すごい人の数がホテルへ帰るバスやボート乗り場へと向かいます。
その波に乗り、てくてくちゃん達もバス乗り場へ向かいました。
たくさんの人がバスを待っています。でもバスが何本か出ているようで、
列はスムーズに動いて行きます。
てくてくちゃん達もやっとバスに乗ることが出来て、ホテルへと帰りました。

ホテルのお土産売り場にコーヒーの詰め合わせが売っていたので、友人用に購入して
部屋へと戻りました。
いよいよWDWで過ごせるのもあと明日の1日となってしまいました。
明日はエプコットへリベンジする予定です。

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://osanpokibunderyokouk.blog100.fc2.com/tb.php/113-e4b65362

イタリア 旅行記

金口木舌琉球新報軍国主義へ向かう時代の不安を先取りしたとも評される ▼その芥川は作品中たびたび「ガリバー旅行記」の作家スウィフトに言及している。「河童(かっぱ)」もそれに影響を受けたというのが定説だ。小人国と大人国が登場するので子ども向けと誤解されがち
 | HOME |  ▲ page top

カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


プロフィール

てくてくちゃん

Author:てくてくちゃん
FC2ブログへようこそ!


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。