スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おにやまホテル その1

チェックインは荷物を預けたときにしたので、さっそくお部屋へ案内してもらいました。


ここ『おにやまホテル』には南館(本館)と東館(新館)がありますが、とことこちゃん達が泊まったのは南館。。。


そりゃあ、パッケージの(それも安い)旅行だから新館に泊まれるとは思ってませんでしたけど、ちょっとがっかりです。


部屋へ案内され、お世話係りのおばさんがいなくなったら、さっそくお部屋のチェックです。


昭和の香り漂う部屋は古いこともあり、全体的には小汚く(失礼m(__)m)見えますが、掃除はちゃんとされていてきれいでした。
部屋にドライヤーもちゃんと備え付けてあります。部屋にドライヤーがないホテル、旅館が結構あるんですよね。
部屋にドライヤーがないと、女の子は朝大変なんですよ。


てくてくちゃん達の泊まった部屋はバストイレ付の和室だったのですが、このバストイレの扉に不思議なものが。。。
玄関の扉に付いている、扉の向こうに誰がいるのか覗く穴(ドアスコープ)がトイレの扉にも、お風呂の扉にも付いていたのです。
なぜ?? どうして必要なの? こんなお部屋は初めてです。


気を取り直して、てくてくちゃん達は夕食前にお風呂へ入ることにしました。


お風呂は屋内に1つ(男女別)と、屋上に1つ(こちらも男女別)の2種類があります。
てくてくちゃん達は先ず、屋内のお風呂に入ることにしました。


脱衣所はまあまあ広いかな。他に人が居なかったのもいいね。
ささっと脱いで、お風呂への扉を開けます。


昔ながらの温泉って感じで、男女のお風呂の仕切りにはすりガラスが使用されていました。
近寄ったらシルエットがまるわかりって感じです。
ボディに自信がないてくてくちゃんは近寄らないことにしました(^_^;)


体と髪を洗い、いよいよ湯船につかります。
気持ち熱めだけどいい湯です。はぁ~、一日の疲れも取れるわ。
温泉ってやっぱり気持ちいいな♪


体も温まったので露天風呂へ出ることにしました。
露天風呂への扉を開けると『おぉ~、広い』と思わず口にしてしまいました。
1つの露天風呂で、屋根の付いた半露天と屋根なしの露天に分かれていました。


風に吹かれながら半身浴で約20分程浸かりました。
肌がつるつるしてとてもいい感じです。


おなかも空いたのでお風呂を上がりました。


髪を乾かし、そのまま食事処へ移動です。
食事処ではもう沢山の人が食事をされていました。(だからお風呂に人が居なかったのね)


食事は味、見た目共に特に悪くもなく、良くもなく、普通でした。
別府は海に近いので、もっと沢山の海の幸が出るのかと思っていましたが、お刺身が少しあっただけで、てくてくちゃんはちょっとがっかりです。

20070612180353.jpg


最後の〆のデザートはスイカでした。『初物だ~』と喜んで食べました。
甘くてとてもおいしかったです。


コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://osanpokibunderyokouk.blog100.fc2.com/tb.php/11-d3af6319

 | HOME |  ▲ page top

カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


プロフィール

てくてくちゃん

Author:てくてくちゃん
FC2ブログへようこそ!


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。