スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都 六波羅蜜寺~四条方面を散策 2008年2月旅行記

京都市バスで堀川五条から清水道まで移動します。
目的地は『六波羅蜜寺』です。こちらの開運推命おみくじをいただくためです。
この開運推命おみくじは通常のくじ棒を引くおみくじではなくて、
当人の生年月日を言い、古来中国の推名学による運勢がかかれたものをいただくのです。
ちなみにこちらの1年というのは2月4日~翌年の2月3日までをいいます。
本堂を上がって左側にあり、1回300円です。
このおみくじの見かたなどを説明してもらえます。
あとでじっくり見ようとカバンにしまいました。これが間違いでした。。。
京都 六波羅蜜寺  京都 六波羅蜜寺の門

京都 六波羅蜜寺 弁財天  京都 六波羅蜜寺 平清盛公のお墓

次は清水寺付近にある『元祖生八橋』のお店に行きます。
ここは一緒に行った友達にここのが1番美味しいと言われて以来、必ず行くお店です。
いつものようにお店で試食をして、無料のお茶をいただきます。
欲しかった生八橋と会社へのお土産として、餡入りの生八橋を購入しました。
その後は祇園方面へ向いながら、買い物をしていきます。

『くろちく』にてガーゼマフラーを購入。

『からす堂びわん』にてカード入れを購入。

そして前から欲しかった八坂庚申堂の“くくり猿”を購入。
色は魔よけの色の赤にして、猿の数は5個にしました。ご縁にあやかった訳です。

次は『RAAK』にて手ぬぐいハンカチを2枚購入。

次に『いず重』にて今日の晩ご飯用に鯖寿司といなり寿司を購入。
鯖はとことこくんの大好物なので、きっと喜んでくれるでしょう(=⌒ー⌒=)

次に『祇園小石』で飴歳時記を購入。2月は柚飴でした。

ちょっと疲れたので甘味屋さんへ行きます。混んでいるお店には入りません。
余り知られていないお店でも充分においしいお店は沢山ありますからね。
今回は以前夏に来たことがある『月ヶ瀬』へ行きました。
ぜんざいを食べました。
京都 月ヶ瀬のぜんざい  京都 月ヶ瀬のぜんざいの中  京都 月ヶ瀬のぜんざいアップ

ここで『六波羅蜜寺』でいただいた開運推命おみくじを見てみました。
う~ん、達筆すぎて何が書いてあるかがわからない( ̄Д ̄;)
お店のおばあさんに読めますか?と聞いても、やっぱりわからないとのこと。
あ~、失敗した。いただいた時に何が書いてあるか聞いておくんだった~(≧Д≦)
これは家でじっくりと解読しよう。

お腹もいっぱいになったので、お買い物の続きをしましょう。
新京極通から錦市場へ向います。目的地は『京つけもの 打田』です。
でも途中で“豆乳ドーナツ”を食べました。
だってとってもいいにおいがするんだもん。
おまけにいつもは行列が出来ているので買いませんが、
今日は誰も並んでなかったんだもん。これは買うしかないでしょう?
2人であっという間に完食。
さあさあ『京つけもの 打田』ヘ向いましょう。
お店に着くと2人共かごを持ち、それぞれ店内を物色します。
てくてくちゃんは「めしどろぼう」「長いも」「梅かつお」「しば漬け」を購入しました。
持参した保冷バックに、先に買った鯖寿司といなり寿司と一緒に入れました。

最後は大丸京都店にある『ブラックペイント』で洗顔石鹸を購入しました。
以前嵐山でこのミニサイズを購入し使ってみたら、なかなか良かったので
大きいサイズの物を購入したかったのです。
これ1つでメイク落としと洗顔が出来るのでとっても便利です。
てくてくちゃんの肌には合いました。ただ塩分が入っているので、洗顔時に
目に入るととてもしみるのだけが難点です。

買いたい物は大抵購入出来たので、新幹線の時間まであと1時間30分となったので、
京都市バスで京都東急ホテルへと戻ることにしました。

クロークに預けてあった荷物をもらい、カバンの中に購入した物を詰め込みます。
友達がJR京都伊勢丹で購入したいものがあると言うので、
市バスに乗り京都駅へ行きました。
ここでてくてくちゃんも、以前から買ってみたかったお店のマカロンを購入。
あとインスタントしるこも購入。

新幹線の時間まであと20分程となったので、新幹線乗り場へ行きました。
構内にあるお土産屋さんで『イノダコーヒー』のインスタントコーヒーを
1本購入しました。

新幹線が来るまでにぷらっとこだまに付いているワンドリンク券で、
キヨスクにてビールと交換してもらいました。

やがて京都16:39発の546号のこだまが着き、
約50分後には名古屋に到着しました。
今回も買い物三昧の京都旅行となりました。

スポンサーサイト

京都東急ホテルでくつろぐ 2008年2月旅行記

京都の市バスを堀川五条で降り、信号を渡り京都東急ホテルへ到着です。
ドアマンの方が迎えてくれます。
エスカレーターで降りた所にチェックインカウンターがあります。
てくてくちゃんがチェックインします。
先ずはコンフォートメンバーのカードを出し、名前を言います。
宿泊者カードへ記入を行います。
支払いは現金で行うかカードで行うかを聞かれ、カードを選択しました。
クレジットカードを出し登録をしてもらいます。
手続きが終わるとホテルの方からうれしいお言葉をもらいました。
「ゲストサロン堀川良さを知っていただくために、数名の方をご招待しているのですが、
 てくてくちゃん様、ご利用なさいませんか?」
即答で返事します「じゃあ、利用させていただきます」
顔は平常を保っていた(つもり)のですが、本当にうれしかったです。
ちなみに「ゲストサロン 堀川」とは通常、スイートルーム又はデラックスフロアに宿泊の
お客さんのみが使えるサロンです。

さっそくゲストサロン 堀川へ案内され、お茶とお菓子をいただき一休みします。
こちらではコーヒー、紅茶、日本茶、ジュース類、お水などと、
17:00以降にはアルコール類もいただけます。
でもアルコール類は1名2本までだったと思います。
あとお菓子と飴ちゃんが置いてありました。

お部屋へ案内してもらい、一息つきます。
この間に順番にシャワーを浴び、体を洗います。
バリエステ後はオイルの浸透を良くするために、シャワーを浴びない方がいいからです。
シャンプーはしません。バリエステでクリームバスをしてもらおうと思っているからです。

楽しみにしている『たん熊』の予約時間が近づいたので、さっそくレストランへと
向います。ちなみに予約時間は19:00でした。
『たん熊』へ行くと、すぐに席へ案内してもらえました。
いつもは朝食での利用しかした事がなかったので、夜のメニューが楽しみでした。
とは言え、てくてくちゃん達はディナー付のプランでしたので、メニューは自分達で
選ぶことはありません。決まったものが次々と出て来ます。
食前酒として2人とも梅酒を頼みました。これがまた美味しかったです。
食事はちゃんと前菜、お造り、二種盛りあしらい、お吸物、焼物、
あしらい 温物、止椀、ご飯、香の物、水物がでました。
特にご飯はお粥のフカヒレあん乗せで小ぶりながらもまるっと1つフカヒレが乗っていて、
とてもおいしかったです。2人ともはじめてフカヒレ1つを食べました。
満腹、満腹で部屋へ帰りました。
バリエステの予約時間は21:00~23:00です。
現在時刻20:30。エステの時間までに、少しはお腹へっこむかしら?

バリエステは本来スイートルームで行われるのですが、この時は工事中で
他の部屋で行われました。
予約時間の10分前にエステを行う部屋へ行きます。
今日の体調を聞かれ、コースを選びます。
2人ともクリームバスとアロマボディマッサージを選びます(いつも同じメニューです^_^;)
60分クリームバスを行い、その後60分アロマボディマッサージを受けます。
最初に使用するアロマオイルとクリームを決めます。気に入る匂いで決めてもいいし、
オイルやクリームの効能で決めてもいいのです。

てくてくちゃんは先ずクリームバスから始まりました。
専用の服に着替え、足を足湯につけながらクリームバスが始まります。
とてもいい香りのクリームをたっぷり髪につけ、頭部をマッサージをしてもらいます。
頭部マッサージの何と気持ちのいいことでしょう。
思わず眠ってしまいそうになります(*´ω`)
この時に首や肩の辺りまでマッサージをしてもらえます。
これがまた気持ちいいんです。
その後バスルームにて自分でクリームを洗い流します。
この時にシャンプーをするようにして洗い流すといいのです。
洗い流した後は、セラピストの方がとても丁寧に髪を乾かしてくれます。

その後はアロマボディマッサージへと移ります。
特に疲れている所を聞かれ、そこを特に丁寧にマッサージしてもらえます。
程よい指圧とアロマのいい香りで、またも眠りに誘われます。
もちろんオールハンドでマッサージしてもらえますよ。
あっという間に60分のアロマボディマッサージが終了です。

着替えを行いイスに座り、お茶をいただきます。
マッサージ後は特にたくさんの水分補給を行うと、体内の老廃物が流されるとのことです。
2人ともまだマッサージの余韻を感じながら部屋へと帰ります。

次の日の行動を話しながら水分を取ります。
でも歩きつかれた2人は、早々にベットへと転がり込み眠ってしまいました。

翌日もそもそと起き、着替えを行い髪を整え、化粧を行い朝食を食べに行きました。
朝食は『kazahana』にて朝食ブッフェか『たん熊』にて和朝食か朝粥が選べます。
てくてくちゃん達は当然『たん熊』の和定食をいただきます。
てくてくちゃんはこちらの梅干が大好きです。
置いてある梅干の半分は食べてしまいます(o^∇^o)
朝食は程よい量で、てくてくちゃんでも完食出来ます。
だから男の人はご飯のお代わりをしないと、ちょっと足りないかもしれません。

朝食を食べ終わり、部屋へ帰る前にゲストサロン 堀川に寄りました。
何か飲み物をもらおうと思ったのです。
ドリンク類を見ていると、トマトジュースがありました。
旅先で飲むトマトジュースが大好きなてくてくちゃんは、まよわずトマトジュースを
飲みました。飲むとこれがてくてくちゃん好みの味!思わず2本飲んじゃいました。
そして今日持ち歩くためにペットボトルのお水を1本ずつもらって行きました。

部屋に帰り荷物を片付け、チェックアウトします。
ここで市バスの1日券を購入します。
荷物をクロークにて預かってもらい、さっそく京都散策へと出かけました。

京都市役所~二条城付近を歩く 2008年2月旅行記

京都市役所前で市バスを降り『におい袋 ゆりの』へ向って歩きます。
携帯に付ける小さなにおい袋が欲しかったのです。
以前他店でも携帯用ストラップになったにおい袋を購入したのですが、
匂いがきつくて付けていられませんでした。
とことこくんにも臭い臭いと言われたので、購入したことがない『におい袋 ゆりの』の
におい袋に期待してのことです。
迷うことなくお店に着きました。お店には旦那さんがいらっしゃいました。
お店へ入って、ホッとしました。お店全体の匂いが優しかったからです。
これなら付けられるわ(o^∇^o)
数ある中から根付けタイプの物を購入しました。友達も色違いで購入しました。
こちらの商品は、奥さんが一つ一つ手作りしているものだそうですよ。

次はお茶屋さん『柳桜園茶舗』へ向います。
とことこちゃんがこちらの“かりがねほうじ茶 香悦”を購入したかったからです。
とことこちゃんはちょっと前から、ほうじ茶好きになっていたからです。
緑茶よりも飲みやすいので、会社でもほうじ茶を飲んでいます。
ちょっと道に迷ったけど、無事にお店に着き“かりがねほうじ茶 香悦”を購入しました。
本当は缶入りが欲しかったのですが、お茶缶があるので詰替えタイプを購入しました。
だって缶にはとことこちゃんが大好きな、鳥獣戯画が描かれていてかわいいんだもん!
いつか買ってやる~(≧ω≦*)
でも購入時に入れてくれる袋にも鳥獣戯画が描かれていて、かわいいんですよ。

次は『キンシ正宗 堀野記念館』を目指します。
ここで京都の地ビールを購入するのだ♪
でも持っていた地図にはお店の場所が書いてなくて、住所しか手がかりがありません。
2人で荷物をコロコロ転がしながら、道を行ったり来たりしました。
同じ道を何度か歩き、もう自分達ではわからないという結論に至り、
道を歩いていた地元の方に聞きました。結構近くにお店はありました。
「なんでわからなかったのかなぁ」と話しながら、お店に入りました。
昔ながらの町屋の建物のままです。なんとも趣きがありいいですな(*´ェ`*)
地ビールを選んでいると、試飲をさせてもらえました。
おいし~い! 地ビールの全種類と、気になった“柚風あまおす”と言うお酒を試飲しました。
お店の方に「時間があるならお店の見学をしていかない?」と言われ、
この後はホテルにチェックインするだけだったので見学して行くことにしました。
見学料を払い、昔のお酒つくりの道具や工程の説明を受けたり、
昔はお店の方が住んでいたと言う町屋の住まいを見学させてもらいました。
本来見ることのない世界を垣間見ることが出来てとてもいい時間を過ごせました。
こちらにあるお水は本当に飲みやすく、美味しかったです。
京都 名水 桃の井  京都 キンシ正宗 堀野記念館

見学の最後に大吟醸の試飲をします。これがまた美味しかったです。
友達はお酒に強くないので、最後の試飲がきつかったと言ってました。
てくてくちゃんは平気だよ~ん♪
結局購入したのは町屋麦酒330を2本と花街麦酒330を2本に、
柚風あまおす1本と酒粕飴箱1個、古都悠久箱入720を1本に
純米大吟醸切子1本の計8本です。
地ビールが4本、日本酒1本、焼酎2本、飴1箱です。
さすがに重いのでクール便で送りました。
友達も同じくらい購入してました(^◇^;)

その後、京都全日空ホテル向かいにある和菓子屋さん『源水』で、
“ときわ木”を購入しました。
この“ときわ木”は川端康成さんが好んで食べたと言う銘菓です。
大納言小豆を羊羹地にのせ固めた半生菓子です。
1個が小さいので、お茶請けにピッタリです。

本日のお買い物は無事終了したので、京都東急ホテルへ行くために、
二条城前から市バスに乗りました。

この後は『たん熊』のディナーと、バリエステが待ってるわ♪
楽しみだ~o(〃^▽^〃)o

京都 知恩寺の手作り市へ行く 2008年2月旅行記

京都散策へは本当は荷物をホテルに預けてから、身軽になって出かけるつもりでしたが、
当初の予定よりずい分遅れて京都に到着したので、
荷物を持ったまま散策へ行くことにしました。

京都の市バスに乗って、百万遍 知恩寺で行われている『手作り市』へ行きました。
知恩寺の『手作り市』は毎月15日に行われているもので、
出店されているお店は全て手作りのものなんです。
ここで出店して人気が出て、独立して自分のお店を持つ方もいるそうです。

百万遍バス停で降りて、5分程歩いたら知恩寺に着きました。
知恩寺付近は人がたくさんいて、いかにもこの先で何かやってます的な感じがしました。
てくてくちゃんも友達もわくわくです。

境内へ入ると、所狭しとたくさんのお店が並んでいました。
たくさんありすぎて、何処から見たらいいのかわからない程でした(^_^;)
右回りで見ていこうと決め、荷物を転がしながら歩いていきます。
人が沢山いてやっぱり荷物がじゃまでした。

まず目に留まったのは、ご夫婦で紙製の服やブックカバーを売っているお店でした。
てくてくちゃんも、とことこくんも文庫本をよく読むので吸い寄せられて行きました。
このブックカバーは紙で出来ているけど、水に強く、洗うことも出来るそうです。
同じものをハンズなどでも売っているそうです。
前回の京都旅行で購入したブックカバーがボロボロになってきたので、
2人分を購入することにしました。
友達も旦那さんが通勤時に本を読むので、購入して帰ることにしました。
ここで市ならではの値切りに入ります。
お店の奥さんに「これを4つ買うから値段おまけして(☆!☆)」と言ってみました。
奥さんは『これでも普通の売値より、ずい分安くしてるからねぇ」と難色顔。
ここは旦那さんに交渉してみようと友達と目で会話をし、旦那さんに
「ねぇ、おじさん。これを4つ買うから値段おまけしてくれる?」
『おう、各100円ずつおまけしてやるよ!』
さすが旦那さん、話が早いねぇ。
ホクホク顔の2人でした。

お漬物屋さんなどもあり、ものすごく美味しそうだったけど、帰るのは明日で
傷むのが心配だったので、残念だけどあきらめました(>_<。)

次に目に留まったのは、犬用のお菓子を売っていたお店です。
着いた時間がちょっと遅かったので、品切れしていたものもありましたが、
こちらのお店でカボチャ味のおせんべいのようなお菓子を購入しました。
ぴょん吉くんへのお土産です。口に合うかわからなかったので1種類のみ購入しました。
後日これをぴょん吉くんにあげたら、ものすごく大喜びで食べていました。
こんなに喜ぶのなら、全種類買って帰ればよかったと後悔しました(≧ω≦*)

次に目に留まったのは手作りのアクセサリー屋さんです。
アクセサリーのお店は沢山あったけど、1番リーズナブルでかわいいものが多かったです。
ここで自分用にピアスを購入。

またブラブラと歩きます。それぞれ気になったお店をチェックしていきます。
次にてくてくちゃんの目に留まったのは子供用のアクセサリーのお店です。
羊毛フェルトで作られた髪飾りや、かわいい布のくるみボタンの髪飾りなどが売っていました。
これは友達の子供にピッタリじゃないですか!何と言ってもロープライス!!
お土産用に何点か購入。

一通り見終わったので、次へ移動することにしました。
結構歩いて見て周ったつもりでしたが、知恩寺の『手作り市』に居たのは1時間程でした。
次へ移動する前にお腹が空いたので、食べてから移動しようとなり、
友達がチェックしていた、自然素材を使ったおばんざいが食べられるお店へ行きました。
とても小さなお店ですが、5分程待ってお店に入れました。
定食を食べましたが、メインに添えるおばんざい3品を選ぶことが出来ました。
味が濃くなく薄くなく、とても美味しかったです。
お店の名前は秘密ですが、鞠小路通にあるお店です。
近くには“亜闇梨餅”で有名な満月がありますよ。

京都まで行くのに何時間かかるの~? 2008年2月旅行記

京都旅行日は2月15日~16日でした。
その前日から各地で大雪が降っていました。

てくてくちゃん達のいる名古屋はそんなに降らず、公共機関への影響はありませんでした。
でも静岡や米原付近は結構降ったようで、新幹線のダイヤは大幅に遅れていました。
とことこくんがJR名古屋駅に電話して、状況を聞いてくれました。
本来てくてくちゃん達が乗る予定の名古屋9:48発の531号は、
まだ東京辺りにいるとのこと。
駅員さん達も混乱していてどうすればいいかよくわかりません。

とりあえず友達とは予定通りの時間に合流しました。
その時点でまだ乗る予定の新幹線は静岡周辺にいるとのこと。
来るのを待っていたら、いったい何時に京都に着くのかわかりません(≧ω≦*)
JRの駅員さん達も、大勢のお客さんに詰め寄られていて説明に忙しそうです。

「ぷらっとこだまのチケットでも他の新幹線に乗れるか聞いてくる!」と
友達が窓口に居た駅員さんに聞きに行きました。
ひかりや、のぞみには乗ることは出来ないけど、あと10分程でくるこだまになら
乗ってもいいと言われました。
これは本来てくてくちゃん達が乗る1つ前のこだまでした。

乗り場で新幹線が来るのを待ちます。
駅員さんはあと10分程でくると言っていたけど、到着する気配はありません。
まだその前の新幹線が到着していないので来るはずないんですけどね。
待つことおよそ25分。やっとこだまが到着しました。
本来乗るこだまではないので、指定席には座れません。自由席のみです。
友達と座れるかな~?と心配していましたが、案外空いていてビックリです。
2人掛けの席に2人並んで座ることが出来ました。

後は徐行運転中だから何分かかるかわからないけど、遅くてもお昼には
京都に着くかな?と話しながら乗っていました。
米原付近になると、辺り一面真っ白な銀世界でした。
「こんなに降ったんだね」「すごいねぇ」「きれいだね」と
他の乗客の人達が話していました。
たしかにきれいな景色でした。

結局は本来10:40に京都へ到着するはずが、12:00近くに着きました。
京都に着くまでにちょっと疲れちゃったよ( ̄Д ̄;)
でも京都には雪が積もっていなかったのが、せめてもの救いでした。

京都東急ホテルからの電話がこない 2008年2月旅行記

1月8日、仕事中も京都旅行でワクワク気分のてくてくちゃん。
残業なしで、急いで自宅に帰ります。
17:00が過ぎました。
よ~し、いつでも電話かかてきていいよ!
でも、待てども待てども京都東急ホテルから、レストランの時間確認の電話が
かかってきません。
念のためにとことこくんに、日中に電話がなかったか聞きましたが
「なかった」との返事。

う~ん(`ヘ´) 時刻はもう22:00を過ぎました。
いくらなんでも、もう電話はかかってこないことでしょう。
明日もかかってこないようなら、こっちからかけてやる~(`$´R)プンプン

1月9日、帰宅後とことこくんに京都東急ホテルから電話がなかったか確認しましたが、
やはり今日もなかったとのこと。

友達からもレストランの予約時間が取れたか心配してメールもきています。
よ~し!こっちから電話をかけてやる(`ヘ´)

プルプルプル、電話の呼び出し音がしています。
東急『はい、京都東急ホテルでございます』
てく「すみません。先日予約をしましたてくてくちゃんと申しますが、レストランの
   時間確認のお電話を昨日頂く予定でしたが、お電話を頂けないので電話したのですが」
東急『申し訳ございません。すぐに係りの方へおつなぎ致します』
てく「お願いします」
東急『お待たせいたしました。レストランの時間確認のお電話と言うことでございますか』
てく「はい。先日予約の折に、たん熊さんがもう閉店しているので、希望時間に席が用意
   出来るか確認できないので、昨日東急さんの方からお電話を頂けるとのことでしたが、
   お電話をいただけなかったので、こちらから連絡させていただきました」
東急『あ、それでしたら昨日私がお電話をさせていただいておりますが』
てく「いえ、いただいておりません。家族のものが一日中家に居りましたが、
   京都東急ホテルさんからの電話はかかってきていないと申しておりますが」
東急『昨日お電話をかけさせていただきまして、てくてくちゃん様が
   ご不在とのことでしたので、お母様の方に伝言をお願いいたしましたが』
てく「うちでは母は同居しておりませんので、連絡先をお間違えではありませんか?」
東急『えっ、てくてくちゃん様のお電話番号は○○○-○○○○でございますよね』
てく「そうです。でもうちにはかかってきておりません」
東急『そうですか。申し訳ありません。私が電話番号を間違えたようです。
   大変ご迷惑をおかけ致しました。たん熊の時間ですが、ご希望の時間で
   お席のご用意が出来るとのことでした。大変申し訳ございませんでした』
てく「わかりました。それでは当日お世話になります。失礼致します」

ちょっと内心怒りながらの電話でしたが、たん熊の時間が希望通り取れたので
良しとしましょう。
この電話を聞いていたとことこくんに「クレーマーだ」とからかわれましたが、
これはクレームじゃないもん。間違えた京都東急ホテルが悪いんだもん!!

さっそく友達にこのことをメールで伝えました。
2人でお客の電話先を間違えるってありえないよねぇとか言いながら、
当日のぷらっとこだまの時間を話し合いました。
名古屋-京都は名古屋9:48発の531号。
京都-名古屋は京都16:39の546号に決定。
とことこくんにネットで券を購入してもらいました。

後は当日行きたい場所をピックアップするだけだわ♪

京都へ友達と旅行に行こうかな 2008年2月旅行記

京都旅行へは以前から友達と2人では結構行っていたけど、今回は珍しく
もう1人参加することになりました。

ちょっと寒いかもしれないけど、2月の半ばにでも行こうとなりました。
3人で京都へ行くのは久しぶりだな♪ 楽しみだ~o(〃^▽^〃)o
てくてくちゃんたちの最近の定宿は京都東急ホテルです。
昼間に遊んで夜にこちらにあるバリエステを受けるのが定番となっています。
料金はちょっとかかるけど、それに見合うだけの気持ちよさったらありません。

調べ始めたのは1月7日です。
まずは旅行予定日のホテルの料金を調べます。
バリエステ付宿泊プランを調べてみました。
 デラックスフロア 7F ツイン 24,000円
 デラックス禁煙フロア 8F ツイン 27,000円
なんてことでしょう、1月15日~2月28日までの間は3名1室の部屋がありません!

仕方がないので3名1室で泊まれるプランを探しました。
するとプランは2つありました。
 ①古都いやしステイプラン スーペリアフロア(4F~6F) 禁煙ルーム 朝食付で11,000円
   特典:よーじやのあぶらとり紙、口紅おさえ、ミニ手鏡、
       多機能化粧ポーチ、ケーキセット付
 ②インターネット特別案内料金 スタンダードフロア 禁煙ルーム 6,900円

特典よりも安さを優先して②のインターネット特別案内料金プランに決定!
安いじゃ~ん(o^∇^o)ノ これに名古屋-京都の新幹線代(ぷらっとこだま)の
値段を足すと15,100円です。
これにエステ代を足しましょう。

でもエステにもいろいろありまして
 ①日帰りバリエステプラン 15,000円
 ②バリエステ+ランチ 16,000円
 ③バリエステ+ディナー 19,000円
上記の3種類あります。

前回は②のバリエステ+ランチを利用しました。
今回はどれにしようかな?

友達2人にメールで相談しました。
コースにより30,100円~34,100円まであるけどどれがいい?

1人から思わぬ返事がありました。
親戚の集まりが旅行日の1日にあたっちゃって、今回の旅行にはいけないよ~。
ごめんね~。

田舎の方なので、親類の集まりは大事なのだそうです(≧ω≦*)
仕方がないのでいつも一緒に行く友達に、どのプランがいいか聞いてみました。
すると“たん熊”でディナーが食べられるなら、③バリエステ+ディナーがいいとのこと。
もちろん“たん熊”でのディナーもオッケーのプランなので、
さっそく電話にて予約を入れることにしました。

てくてくちゃんはコンフォートメンバーに入っているので、メンバーの番号、
宿泊希望のプラン名、宿泊希望日、それにバリエステ+ディナーのプランを付けたいと
ホテルの方に伝えました。
希望日のプランでの宿泊及びバリエステ+ディナープランも予約が取れました(o^∇^o)ノ
ただバリエステ+ディナープランのバリエステの希望時間は取れたのですが、
ディナーの“たん熊”が、今日は閉店してしまっているので希望時間に席が空いているかの
確認が出来ないため、翌日に京都東急ホテルから返答の電話を
17:00以降に入れるということになりました。
(17:00以降なのは、てくてくちゃんが会社から帰ってきてる時間だからです)

一応希望のプランが取れて一安心。
友達も喜んでいました(=⌒ー⌒=)

京都散策

ホテルを出て、てくてくちゃん達は一路京都へ向いました。
京都南ICの出口で少し混雑しましたが、思ったよりスムーズに京都の市営駐車場へ着きました。

先ずは清水寺方面へ向います。思ったよりは人は少なかったです。
清水寺へ向う途中で『下河原阿月』がありました。こちらは「三笠」で有名なお店です。
阿月

でもてくてくちゃんが買いたいのは元祖生八橋の生八橋なのでここはガマン。

八坂の塔周りで清水寺へ向います。
(清水寺をお参りしに行くのではなく、その近くにある元祖生八橋のお店へ行くためです)

途中で八坂庚申堂(金剛寺)でお参りしました。
うちの玄関にはこちらの「くくり猿」がぶら下がっています。
八坂庚申堂


ここの境内で「なんちゃって舞妓さん」が写真撮影をしていました。
外国からの観光客の方も喜んで一緒に撮っていました。

不思議なのは、日本人の観光客の方も一緒に写真を撮っていたことです。
てくてくちゃん的には外国の観光客ならまだしも、日本の観光客が
「なんちゃって舞妓さん」と写真をとって何がうれしいのかわかりません(?_?)
まっ、個人の自由なのでどうでもいいですけどね。

すぐそばに八坂の塔があります。
八坂の塔

八坂の塔を撮っていると、外国からの観光客の方が話しかけてきました。
デジカメを指し『日本のソニーが一番いい。でもとっても高い』と言っていました。
その方はイギリスから来ていて、京都を拠点に日本のあちこちへ旅しているそうです。
日本刀が大好きだとか、日本の新幹線は高いとか、空手を習っているなど、
一生懸命話していました。
でもてくてくちゃんは、3分の1位しか言っていることがわかりませんでした。
外人さんはほとんど、とことこくんと会話してました。
う~ん、WDWへ行くのに英語勉強しなきゃな。←でもきっとしない。

外人さんと別れて、元祖生八橋のお店に着きました。
ここはいつも店先で試食をいただける上に、無料のお茶もいただけます。
欲しかった生八橋を購入し、清水寺の入口まで行きました。
清水寺入口

さすがに人が多かったです。

次は坂本龍馬のお墓がある霊山護国神社へ向います。

二年坂の桜がきれいでした。
二年坂


霊山護国神社への入口にありる碑です。
維新の道

霊山護国神社の向かいには霊山歴史館があります。
明治維新に関する資料が展示してあります。行った日は月曜日で休館日でした。残念。

墓域拝観料の200円を払って、お墓へ向います。
階段をのぼり、やっとお墓につきます。
龍馬のお墓

お墓の隣には坂本龍馬と中岡慎太郎の像があります。
龍馬像

その像が見つめる先には京都の市街が見渡せます。
龍馬墓標からの景色

他にも桂小五郎と幾松のお墓や、勤皇の志士のお墓が多数あります。
桂小五郎と幾松さんのお墓


お墓参りも済んだので、次は八坂神社へ行きます。
おみくじ引くんだ~♪
お参りして、おみくじを引いて、さて錦市場へ行くかと思った時、
『厄払いぜんざい』という看板が目に入りました。
朝ご飯が遅かったから、お昼を食べてなかったので引き寄せられるように食べに行きました。
八坂神社 厄除けぜんざい

大変美味しゅうございました。

さあ、錦市場へ向いましょう。
途中『祇園小石』にて飴歳時記の「桃の香飴」と「さくら飴」を購入。
ここの飴はホントに美味しいです。

新京極通から錦市場へ向います。
錦市場へ入る所に『錦天満宮』でお参りしました。
錦天満宮

牛さんにも悪いところが良くなるようにペタペタ触りました。
錦の牛さま

みんなに触られてピカピカです。

さて錦市場に入って、お目当てのお漬物を買いに行きましょう。
うちのお気に入りは『京つけもの 打田』です。
錦市場の端のほう(大丸寄り)にあります。
お店に着くとかごを持ち、必ず買う「めしどろぼう」を2個入れました。
続いて「べったら」と「キムチ」を量り売りしてもらいました。
本当は「長いも」も「梅かつお」も欲しかったけど、2人では賞味期限までに
食べきれないのでガマンしました(T^T)

予定通りのコースを堪能したてくてくちゃん達は、お家へと帰りました。
京都はまた友達と来よ~っとv(o^∇^o)v

 | HOME |  ▲ page top

カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


プロフィール

てくてくちゃん

Author:てくてくちゃん
FC2ブログへようこそ!


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。